復縁へ踏み出すのは自分を客観視出来てから

DHAってどんな働きをするの?

DHAという栄養素を知っていますか?DHAの正式名称はドコサヘキサエン酸といいます。なんだかコミカルな名前ですが、いったいどのような栄養素なのでしょうか。今回は、DHAの働きについて解説していきます。

 

DHAは、脂肪酸という栄養素の仲間になります。脂肪という言葉には肥満などの悪いイメージを持つ方も多いと思いますが、脂肪酸はエネルギーの元となったり、細胞膜やホルモンを形成する役割を持っているので、体に不可欠な栄養素なのです。

 

DHAは脂肪酸の中でも、不飽和脂肪酸という種類であり、その中でも高度不飽和脂肪酸というカテゴリーに入る物質で、血中の中性脂肪やコレステロール値を調整する働きが期待できるとされています。また、脳内に入って神経細胞を活発化させることで、記憶力や学力を向上させたり、アルツハイマーを予防したりうする効果がある点でも注目されています。詳しく知りたいDHA 効果で、お調べ下さい!
なお、DHAは体内ではほとんど生成されない物質であるため、食事から摂取するしか方法がありません。DHAはまぐろ、いわし、さば、さんま、あじなどの青魚に多く含まれています。スーパーにも必ず売られているメジャーな魚ばかりですので、毎日の食生活の中でDHAを摂取することができるのもうれしいですね。