復縁へ踏み出すのは自分を客観視出来てから

実家を売る事になった時は寂しかったです

子供のころから長年住んでいた実家を突然売る事になったのですが、
最初親からその話を聞いた時は子供時代からの色々な思い出を振り返り、
かなり切ない気持ちになりました。

 

家族で一緒に楽しくご飯を食べたこと、思春期に腹が立って壁を蹴ったこと、
さらには初めて彼を連れてきた時のこと、色々な思い出が詰まった家を売ると
言うことは何か思い出まで売ってしまうような気持にもなったので、気が付けば
涙が出ていました。
コチラをクリックして→家を売るサイトまで

 

でも良く考えてみると、両親は別の場所に新築の家を買ってそちらで住んでいたので、
実家は空き家になっており手入れもしていないので家自体もきっと寂しいのではとも
考えたのです。

 

それならいっその事、家を大事にしてくれる方々に住んでもらった方が家も喜んでくれるだろうと
言うことで、売却が決まりました。

 

現在は新しい家族が住んでいるのですが、私達家族の思い出もそのまま残す事が出来たので、
寂しいですが清々しい気持ちにもなっています。